FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すまいる愛知住宅賞のブログで触れた「54」番こと「鎮守の森」と「山棲の森」をご紹介したいと思います。

001IMG_4399-01.jpg

「鎮守の森」を東南側に借景できる角地に、夫婦+子どもの為の住宅を計画しました。

森を「外」、住宅を「内」という2項対立的な捉え方はせず、「外かつ内」という捉え方で新しい関係性を生み出そうと住宅自身も「山」に見立て、「自然の山の中に棲む」イメージをコンセプトとしました。

外部空間は森と一体的な建物とするため棚田状にすることで圧迫感を軽減。
更に屋上に植栽計画をし「山」のイメージに近づけました。
また内部空間においても様々な床レベルを設定し、室内緑化することで奥行感と広がりを持たせ、変化に富んだ空間としました。

002IMG_3824-01.jpg

南東側から望む
「環境に配慮した住宅を」という要望から、2階と3階は一部、屋上緑化している

003IMG_3811-01.jpg

東側から望む
手前のクスノキは20mほど

004IMG_3771-01.jpg

北東側から「森の泉」と「アプローチ」を望む
左の凹み:「森の泉」
右の凹み:「アプローチ」

路盤は綺麗な石張りとはせず、砕石を敷き詰めた
目地はセメントではなく敢えて「砂」

005IMG_3769−01

北側から「鎮守の森」を望む

植栽にてアプローチを柔らかく目隠し
植栽:ハイノキ + ハクサンボク

007IMG_3640-01.jpg

「森の泉」は雨水利用によるもの

採石場での端材を利用した水たまり
植栽:サワフタギ+タマシダ+ハイノキ
雨の日はコンコンと湧き出る湧水のように波紋を広げる

010IMG_1373-01.jpg

玄関
床材は「ボルドーパインちょうな掛け」
凸凹が足の裏を刺激し、気持ち良いです

011IMG_3657-01.jpg

左手階段:ダイニングへ
右手廊下:和室へ

013IMG_3905-01.jpg

階段を上り、ダイニングへ

015IMG_3902-01.jpg

近景の緑と遠景の緑を楽しむダイニング
左側のガラス外の外壁は、交通量の多い三叉路からプライバシーを守っている

「森の泉」に植えたカツラが顔を出している
今後の成長が楽しみ
鉢植えはハイノキ

018IMG_3901-01.jpg

来客の多い施主は飲食が共にできるダイニングをパブリックスペースと捉えた
リビングは半階下に繋げ、別空間とした
ダイニング南側はテラス

019IMG_3900-01.jpg

アイレベルで「DK」と「フリースペース」を望む
木造3階建の空間の中に7つの床レベルを設定し、各室を緩やかに繋げた
木々が作り出す日向や木陰の場所が刻々と変化する中で、住み手が心地よい居場所を求めて移動する様は、まるで「山」の中を散策するかのよう

026IMG_3934-01.jpg

「フリースペース」から「鎮守の森」を望む
フリースペース右手は、施主の趣味であるダンス練習用のミラー壁
このミラー効果で、更に他の空間とも繋がる面白さがある

032IMG_3887-01.jpg

「浴室」から「鎮守の森」を望む
鎮守の森の「サクラ」「クスノキ」「ケヤキ」「イチョウ」などの大木は、四季を通して楽しめる森

屋上緑化には「アベリアエドワードゴーチャ」「ビンカミノール」「ムベ」を植栽

036IMG_3870-01.jpg

子ども部屋はフリースペースの吹抜けに隣接する

037IMG_3864-01.jpg

「子ども部屋」から「鎮守の森」を望む
屋上も一部、屋上緑化(ビンカミノール+ブルーベリー+ムベなど)

038IMG_3868-01.jpg

039IMG_1453-01.jpg

吹抜け部分は室内緑化
(パキラ+クッカバラ+ポトス+モンステラなど)

043IMG_3954-01.jpg

「リビング」から「鎮守の森」を望む
道路境界から奥まったプライベートスペースとしてのリビング
落ち着くように、しっとりほの暗い空間とした

044IMG_3953-01.jpg

「リビング」は「DK」から半階下った関係
さらに900下がり「主寝室+書斎」「縁側」へと繋がる

048IMG_3664-01.jpg

「縁側」から「鎮守の森」を望む
左奥:和室へ
右奥:リビング越しに、主寝室+書斎+WCLへ
濡れ縁でBBQ、花火、スイカを楽しみます

051IMG_1143-01.jpg

和室6帖
来客の宿泊スペースとして利用
内障子と陰影が美しい(雪見障子)

054IMG_3976-01.jpg

フルオープンになり「鎮守の森」を望む
ちなみに「網戸」「雨戸」も戸袋に完備

056IMG_3971-01.jpg

「南の庭」を望む
右手の戸袋は「手漉き和紙貼」
天井材はサツマヨシベニヤ

058IMG_3983-01.jpg

「南の庭」を望む
将来的にはL方の生垣(プリペット)が育つと、プライバシーを守られた「南の庭」となる

059IMG_3965-01.jpg

敷居に腰掛けたアングルから「南の庭」を望む

060IMG_3968-01.jpg

和室の床レベルは地面より低く設定し、外部との一体感を試みた
正面にハナノキ+コバノミツバツツジ+キチジョウソウ+タマシダ

061IMG_1135-01.jpg

正面入口の横、障子を開けると「森の泉」を眺められる

063IMG_3980-01.jpg

床板:カシュー塗装
床柱:錆丸太
押入:手漉き和紙貼
押入上ルーバーにエアコン

065IMG_1589-01.jpg

階段右手のガラスから「森の泉」望む

066IMG_3680-01.jpg

こんな感じ

067IMG_1387-01.jpg

縁側の右手には宿泊者用の洗面とトイレが完備
正面奥が玄関

074IMG_3788-01.jpg

南東側から望む
両サイドにハナノキを植栽
正面2階の屋上緑化が見える

077IMG_3796-01.jpg

雑木風の植栽計画が山道を思わせる
左手前の植栽はツリバナ
盛り土部分はシロバナサギゴケで被地

078IMG_3839-01.jpg

「鎮守の森」と「山棲の森」の一体感

079IMG_3834-01.jpg

正面は和室と縁側+濡れ縁

082IMG_3851-01.jpg

完結した部屋ではなく関係しあう居場所は、新緑や紅葉の森、光や風の変化とともに家族の関係性も豊かにしてくれることでしょう。

20年後、庭の木々が森のようになる日
ようやく「山棲の森」が完成します



設計監理:西口賢 建築設計事務所
構造設計:(有)ワークショップ犬山分室  安江一平
施  工:大誠工務店   岡田祐平
電  気:瀬筒電気工事  瀬筒直治
外  構:櫻井造景舎   櫻井靖敏

所在地 :愛知県岡崎市
用  途:専用住宅
主体構造:木造在来工法 3階建
敷地面積:192.29m2
延床面積:186.50m2

写真撮影:西口 賢

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。