上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刈谷市の旧東海道沿いに昨年完成しました住宅をご紹介致します。

施主とは、2012年3月に「STARBACKS COFFEE 大府柊山店」にて開催されましたアート企画展で知り合い、その後設計をご依頼いただきました。

  ↓↓↓
「STARBACKS COFFEE アート企画展」


空手家でバスフィッシングやアウトドアがお好きなご主人
インテリアコーディネーターで北欧デザインがお好きな奥様
元気いっぱい、5歳の娘さん
の3人暮らしです。

「家族3人でコンパクトに暮らしたい」というご要望を叶える為
木造2階建て必要最小限の気積に4層のフロアがスキップしながら繋がる住まいを提案。
家族が何処にいてもお互いの気配を感じることができる、とても居心地の良い住まいとなりました。


150325 北欧テイストの部屋づくり01

野暮ったいイメージがお好きなご主人と、モダンがお好きな奥様の相反するイメージを両立させる為、モダンなフォルムの中でウエスタンレッドシダーという無骨な素材を採用し、バランスを取っています。

150325 北欧テイストの部屋づくり02

アプローチは、木立の間を歩くようにコナラとアオダモの株立ち、ヒュウガミズキを植栽しました。
青々と葉が茂るのが待ち遠しいです。

150325 北欧テイストの部屋づくり03

南側に張り出したウッドデッキ
お隣がご実家ということもあり、小山を越えて階段を上がると第二の玄関としても機能しています。

150325 北欧テイストの部屋づくり04

娘さんご希望のハンモック
これからの季節は気持ちいいですね!

150325 北欧テイストの部屋づくり05

こちらがエントランス
正面には2階LDKに繋がる階段があります。
光の量を抑えた穴蔵感を出す為、4層構成の階段をチーク材で地層のように表現し、上から下まで一体感を感じられるように設計しました。
右手には家族用シューズクローゼットがありますが、来客には見えないように配慮しています。

150325 北欧テイストの部屋づくり06

エントランスホールには、STARBACKS COFFEE 企画展の主催者
「EDO&YUMEKA」さんの作品が飾られています。

150325 北欧テイストの部屋づくり07

エントランスに隣接したフリースペース
現在はご主人の趣味であるバスフィッシングのルアーや竿が置かれていますが、将来的には奥様が運営されている「Mi candle」のキャンドル教室としても使用される予定です。
  ↓↓↓
「Mi candle」

150325 北欧テイストの部屋づくり08

ペンダント照明は「FUTAGAMI」
真鍮の経年変化を楽しみます。

150325 北欧テイストの部屋づくり09

2階ダイニング、キッチンから1階のエントランスまで見通せることができ、家族の往来がすぐに確認できます。

150325 北欧テイストの部屋づくり10

階段を上がると吹抜けのダイニングを中心に、リビングとキッチンが両サイドに繋がります。
それぞれの空間用途に合った天井高さで構成し、落ち着きや開放感を感じるよう配慮しています。

150325 北欧テイストの部屋づくり11

ダイニングからエントランスへの見返し
右の白い箱が主寝室
左の白い箱が子ども部屋
2つの白い箱を結ぶように屋根が架けています。

またエクステンションのダイニングテーブル、チェア、照明はお手持ちの北欧デザインで統一されています。

150325 北欧テイストの部屋づくり12

キッチンは手早く動けるようにコンパクトな設計
背面の飾り棚には、お気に入りの北欧雑貨がたくさん並んでいます。

150325 北欧テイストの部屋づくり13

ダイニングからリビングへ
スキップした階段に、雑貨や絵を上手く飾っていただいています。

150325 北欧テイストの部屋づくり14

リビングからダイニングキッチンへの見返し
ダイニング上の白い壁にも「EDO&YUMEKA」さんの作品が飾られています。
その横には子ども部屋の小窓

「Favor」さんオリジナルのチークとラタンで作られたTVボード
ハンスJウェグナーの3シーターソファ
ご主人用1シーターハイバックチェア

それらにクッションカバーやラグで、更に四季を感じるコーディネートをしていただいて、インテリアコーディネーターである奥様の感覚が光っています。

150325 北欧テイストの部屋づくり15

リビングから繋がる主寝室
コーナー出窓には、綿や麻など天然素材のカーテン

150325 北欧テイストの部屋づくり16

主寝室から子ども部屋の見返し
ガラス欄間により屋根がリビング、子ども部屋へ続き、プライバシーを守りながら一体感を意識した設計

150325 北欧テイストの部屋づくり17

キッチンの上に浮いた様な白い箱の子ども部屋へ向かい、屋根が集まってきます。

150325 北欧テイストの部屋づくり18

子ども部屋に向かう階段から主寝室の見返し
主寝室の出窓から溢れた光がバウンドし、屋根組を照らし、さらに隣接する諸室に柔らかい光を届けています。

150325 北欧テイストの部屋づくり19

葉っぱの葉脈のように見える屋根の下に伸びやかに繋がる室内空間
左側の木の箱は主寝室と廊下から繋がるウォークインクローゼット

150325 北欧テイストの部屋づくり20

コンパクトな子ども部屋
葉脈の終点がロフトになっています。

150325 北欧テイストの部屋づくり21

子ども部屋の小窓からの見下ろし
トップライトから木漏れ日の様な陽光が降り注ぎ、美しい陰影を生み出した中に、リビング、ダイニング、主寝室が繋がる開放感が魅力。
一番下のエントランスまで窺えます。

150325 北欧テイストの部屋づくり22

素敵な北欧ヴィンテージ家具たちに負けないような住宅が設計できたように思います。竣工後、施主にバトンタッチしますが、きっと素敵なヴィンテージ住宅にしていただけることでしょう。
これからが楽しみです!


DATA

設計監理:岩間建築設計事務所 + 西口賢 建築設計事務所
構造設計:(有)ワークショップ犬山分室  安江一平
施  工:意匠建_kou 岡田祐平

建築場所:愛知県刈谷市
主要用途:専用住宅
構造規模:木造在来工法 2階建
敷地面積:346,70㎡
延床面積: 91,00㎡
竣  工:平成26年7月

写真撮影:DESIGN OFFICE ANT
スポンサーサイト

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。